1. HOME
  2. コラム
  3. EC
  4. ECサイト運営とは?担当者が知るべき8つの業務内容を詳しく解説
EC 物流 EC運営 集客

ECサイト運営とは?担当者が知るべき8つの業務内容を詳しく解説

ECサイト運営とは?担当者が知るべき8つの業務内容を詳しく解説

「EC事業を立ち上げたいので、運営の仕事を把握したい」「異動でEC担当になったけど、業務内容ってどんな感じ?」といった方に向けて、8つの業務内容を解説し、最後にECサイト運営に必要な知識・スキルも紹介します。

 

自社ECサイト構築の教科書 無料eBookダウンロード

目次

8つの業務から、EC運営の全体を把握しよう

ECサイトの運営業務は、大まかに以下の8つにわけることができます。

①商品企画
②ECサイト制作
③仕入れ
④商品入替、価格の検討
⑤集客と販売促進
⑥商品情報登録
⑦受発注管理
⑧総合管理業務

この8つは、「フロント業務」「バックエンド業務」に大別することができます。

front-back-end-20210928_figure

フロント業務とは?

フロントエンド業務は、ECサイトにおいてユーザーの目に触れる部分の業務です。商品企画やECサイト制作、販売促進や集客などのマーケティングに関わる業務が中心となります。
ECサイトの利益に直結する業務が多く、結果を出すためには専門的なスキルが必要です。また、EC業界は進化が早く、常に新情報をキャッチし適切な施策、改善を行わなければなりません。必要なスキルについてはコラムの最後に紹介します。

バックエンド業務とは?

一方、バックエンド業務とはユーザーの目に触れない部分の業務を指します。受発注の処理や商品の検品など、事務的な作業が中心となります。一見地味なようですが、梱包の仕方や配送のスピード、問い合わせ対応などは利用者からの評価に大きく影響し、結果的に売上の増減につながります。
ECの規模が小さい場合は、バックエンド業務を自社で行うことが可能です。しかし取扱件数が増えてくると、外部のサービスを利用した方がコスト削減になる場合があります。

5つのフロントエンド業務

①商品企画

ずばり、利益を上げるために売れる商品を企画することです。市場のニーズ、トレンドなどを研究し、商品企画を検討します。
ポイントとして、商品の製造や仕入れなどのスケジュールはしっかり意識しましょう。例えば季節商品の場合、発売予定日の半年~1年前には企画する必要があります。
また、具体的な販売計画を立てることも大切です。広告費やマーケティング活動にかかる費用、在庫管理費などを見積もることも忘れないようにしましょう。

ECサイト制作

ブランドのイメージに合わせて、ユーザーを引きつけるECサイトを構築します。デザインの良さだけでなく、ユーザーにとって使いやすいインターフェース(UI)にすることが重要です。
ECサイトの構築方法には、ゼロから自分たちで開発する方法から、EC構築プラットフォームを利用して比較的簡単に立ち上げる方法まで、さまざまなものがあります。目的や予算に合わせて自社に最適な構築方法を選びましょう。

Check

ECサイト構築の詳しい解説は下記のコラムでご覧いただけます。
ECサイト構築の手順を主な4つの手法別に解説!費用感や特徴、選び方のポイントも

③仕入れ

販売計画に従って商品を仕入れます。すでに販売中の商品は、バックエンド業務である受注や入荷、発送状況の情報をもとに、適正在庫を保てるように仕入れをコントロールします。適性在庫とは、販売機会を逃さない範囲での最少の在庫数を言います。過剰在庫はコスト負担を増やすため、極力避けるよう努力します。

④商品入替、価格の検討

過剰在庫になっている商品や季節商品は、在庫を抱えているよりも価格を下げて売り切ってしまった方がよい場合があります。そのような見切り品やセール品の価格調整、シーズンやトレンドに合わせた商品の入れ替えもフロントエンドの業務です。

⑤プロモーション

ECサイトのプロモーションとは、Webマーケティング施策が主になります。代表的なものは以下の4つです。
・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・SEO対策
・SNSマーケティング
まず行うべきは、リスティング広告とSEO対策でしょう。検索結果に広告を表示したり、検索結果順位を上げることで効率的に集客することができます。
加えてSNSの活用も検討しましょう。例えば、アパレルECではビジュアルを訴求するInstagramが集客によく使われるなど、取り扱う商材によってSNSも使い分ける必要があります。

Check

ECマーケティングは、以下のコラムで詳しく解説しています。
ECマーケティングの特徴とは?売上アップにつながる4つのポイントを解説!
Web集客についてはこちらをご覧ください。
Web集客とは?主な7つの方法と、集客につながる選び方のポイントを解説

3つのバックエンド業務

⑥商品情報登録

ECサイトに表示される、商品の価格やスペック、写真などの情報を登録する作業です。シーズンごとの商品入替、セールの価格調整などのフロントエンド業務に伴い、商品情報の追加や変更も頻繁に行う必要があります。主に次のような作業があります。

商品名、商品識別コード、価格、発売日など商品の基本情報の登録
・機能やスペックなど商品の詳細情報の登録
・ささげ業務

ささげ業務とは、「撮影」「採寸」「原稿」の頭文字を取ったものです。商品の画像、サイズ、紹介文と、実際に商品を手に取れないECにおいて非常に重要な業務です。

Check

ささげ業務の詳しい解説は下記のコラムでご覧いただけます。
ささげ業務とは?業務詳細と外注のメリット・デメリット

⑦受発注管理

受発注管理業務は、バックエンド業務の中心となる業務です。フルフィルメントとも呼ばれ、一部または全部を専門業者に依頼することもよくあります。

在庫管理

(入庫、検品、保管)

倉庫に届いた商品のチェック、保管を行います。また、販売予測に基づき、過剰在庫や品切れにならないよう適宜調整を行う必要があるため、経験が求められる業務といえるでしょう。
また実店舗もある場合はさらに大変です。実店舗とECサイトの両方を管理する、独自のノウハウが必要となります。

受注(注文受付)

顧客が購入した後最初に発生する業務です。発送状況を知らせるメールの送信、出荷指示を行います。

決済処理

顧客が選択した方法による入金を確認します。(クレジットカード払いや銀行振り込み、コンビニ払いなど)
入金が確認できたら顧客に配送の予定を知らせるメールを送ります。

ピッキング

(検品、梱包)

出荷指示に基づき、注文された商品を倉庫内から取り出して集める作業がピッキングです。商品の状態に問題がないか検品をして、梱包をします。

商品発送

梱包した商品は配送業者が集荷し、受取人情報に基づいて配送します。顧客には発送完了のメールを送ります。

カスタマーサービス

商品に関する問い合わせ、返品交換、クレーム対応といった顧客対応も受発注管理業務に含まれます。これらはECサイトの評価に影響を与えることがよくあります。丁寧で誠実な対応が必要です。

Check

受発注管理業務(フルフィルメント)についてはこちらのコラムでより詳しく解説しています。
フルフィルメントとは?業務内容やメリット・デメリットを解説

⑧総合管理業務

バックエンド業務の全体を管理する業務です。ECサイトにかかる人件費や経費を管理し、ECサイトのアクセス解析と売上から現状を評価します。そして次の目標を定めます。
ECサイトに不具合が起きたときの対応や、機能強化や業務効率化の計画を立てるといった、ECシステムの管理も行います。

ECサイト運営に必要なこと

ECサイトの運営は、フロントエンド業務とバックエンド業務のそれぞれが正確に遂行されることによって初めて円滑に進みます。そのために必要なスキルは下記になります。

・商品の企画力
・HTML、コーディング
・WRBマーケティング
・顧客への対応
・物流業務の知識

このように、専門的かつ幅広いスキルがEC運営には求められます。しかも、スキルを駆使したそれぞれの業務は別々に進行しているのではなく、スピーディーな情報共有や綿密な連携が必要なのです。
ただ、これら全てを兼ね備えた人は稀であり、多くの方はECサイトを運営しながら習得していくこととなるでしょう。専門性が高く多岐にわたる業務をすべて社内で行うのが難しい場合は、一部を外注するという方法もあります。いずれにしても、どうすればECサイトをスムーズに回せるのかを考え、効率的な運営体制を整備していきましょう。

図書印刷では、EC事業のお悩みを解決するデジタルマーケティング支援サービスを行っております。「これからECサイトを構築、リニューアルしたい」「運営について相談したい」など、お悩みや疑問をお持ちでしたらお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら

自社ECサイト構築の教科書 無料eBookダウンロード

関連記事