1. HOME
  2. コラム
  3. EC
  4. ECサイト構築の手順を解説!主な4つの方法の費用感や注意点を踏まえた選び方のポイント
EC EC構築

ECサイト構築の手順を解説!主な4つの方法の費用感や注意点を踏まえた選び方のポイント

ECサイト構築方法4つを詳しく解説!費用や選び方のポイントは?

「ネットショップを開業したい」と思った場合に必要となるEC(電子商取引)サイト。楽天市場のようなモール型のECサイトに出店するのではなく、自社でECサイトを構築する場合、どのような方法があるのでしょうか。

一口に「ECサイト構築」といっても、既存のシステムを使ってECサイトを作る方法から、一からECサイトを開発する方法まで、さまざまな方法があり、どれを採用するかを決める手順も重要になります。この記事では、ECサイト構築の代表的な4つの方法の特徴やポイント・注意点を紹介し、自社に合った構築方法の選び方について解説します。

目次

ECサイトの構築手順―はじめにすべきことと構築までの流れ

ECサイトを構築するにあたり、まず最初にどのようなサイトを作りたいかを明確にしておくことが大事です。構築するサイトのイメージが定まっていなければ、どういう構築手法が適しているかを判断することも出来ません。実際の細かな手順は構築方法によって異なってきますが、まず全てに共通する大まかな構築までの流れを念頭におきながら準備を進めましょう。

1. サイトのコンセプトや目的・目標を明確に定める
どのようなサイトを構築するか、作りたいサイトのビジョンを固めれば、おのずと必要なものが見えてきます。反対に、漠然としたイメージのまま始めてしまうと、手間や時間が無駄にかかるだけでなく、コンセプトやターゲットが曖昧な誰からも関心を引きにくいサイトが出来上がる可能性もあります。
そのサイトを作る理由や目的、具体的な売上目標や想定顧客層などを定め、構築に関わる担当者でサイトのイメージを共有しましょう。
2. サイトやシステムの要件定義をおこなう
構築するサイトのイメージが固まり、その内容で着手することが決まったら、設定した情報を元に必要な要件定義をおこないます。
目標やターゲット、何に予算と時間をかけるかの優先順位や、システムの選定基準、予算やスケジュール、コンテンツに応じたページの想定ボリュームなどを、具体的に文書化します。
3. 要件定義を元に構築方法を選ぶ
要件定義で構築するサイトの内容がより明確になったら、売上規模や予算、制作条件に合わせて、構築方法を選定します。
構築方法は大きく4種あり、それぞれの特徴を強みにした制作会社のサービスも多数提供されています。4つの構築方法については後ほど詳しく解説しますので、どの方法が適しているのか、メリットデメリットを理解した上で判断しましょう。
4. 制作会社に依頼、もしくは社内で構築
選定した構築方法にて制作会社へ依頼、もしくは自社での構築を開始します。

ECサイトの構築方法の種類

ECサイトの構築方法は、先述の通り主に4つの手法に分けられます。ここではその手法、 「ASP」「オープンソース」「パッケージ」「フルスクラッチ」について詳しく解説していきます。
費用を抑えたい場合におすすめの構築方法は、ASPオープンソースです。ただ、ASPとオープンソースは費用を抑えてECサイトを構築することができる反面、自由自在にカスタマイズすることができません。カスタマイズすることを前提とする場合には、パッケージフルスクラッチで構築します

代表的な4つのECサイト構築方法とその特徴

何を重視するかによって、選ぶ構築方法は変わってきます。以下で詳しく見ていきましょう。

「ASP」は最も手軽に始められる

ASPとはApplication Service Provider(アプリケーション・サービス・プロバイダ)の略で、業務用アプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客に提供する事業者やサービスのことを指します。財務や会計、営業やマーケティングのツールとしてさまざまなASPがありますが、ECサイトにおいてもASPが存在します。

ASPを導入するとシステムの管理を委託できるので、ネットショップ側はあらかじめ構築されたECサイトを月額でレンタルするだけで済みます。ASPは機能に制限はあるものの、業務の負担を減らすことができ、初めてECサイトを構築する企業や、社内フローの変更が容易でASPを取り入れやすい中小企業などには最適です。

メリット
  • 初期費用・月額費用ともに低く設定されていて、手軽に始められる
  • あらかじめサイト運営に必要な機能がそろっているため、導入にかかる時間が短い
  • システムの管理や更新もASP側が行うため、常に最新の機能を利用できる
デメリット
  • 自社の業務フローに合わせたカスタマイズができない
  • 顧客情報はASP側で管理されるため、自社で抽出や保存ができない
  • デザインの自由度が低い

「オープンソース」はライセンス費用ゼロ

オープンソースとは、インターネット上に公開されているソフトを無料でインストールして利用できるシステムです。バグが出た場合は自社で対処しなければならないという欠点がある一方で、ライセンス費用なしでECサイトを構築できます。オープンソースを導入する場合、技術力さえあればある程度のカスタマイズを行うことができます。自社に開発部門があり、技術力に自信がある企業のECサイトに適しています。

メリット
  • 一から開発するよりも安くECサイトを構築できる
  • あらかじめ機能が実装されているため、開発工数を削減できる
  • ある程度カスタマイズしたECサイトをつくることができる
デメリット
  • バグなどが出た場合は自社で対処しなければならない
  • カスタマイズするには技術力が必要
  • サーバー費用や保守費用などが発生するため、月額費用はASPよりも高くなることが多い

「パッケージ」は柔軟なカスタマイズが可能

パッケージとは、企業が販売しているECサイト構築用のパッケージソフトを基にECサイトを構築する方法です。パッケージを販売する企業が運営管理からメンテナンスまで行うため、技術力がなくてもECサイトを自社向けにカスタマイズすることができます。手厚いサポートを受けられる一方で費用がかかるため、年商1億円以上の中・大規模の企業に向いています。

メリット
  • カスタマイズの拡張性が高い
  • 開発からメンテナンスまでを委託できる
  • デザインに制限がない
デメリット
  • ライセンス費用やカスタマイズ費用などの初期費用が高額
  • 毎月の保守費用に加え、バージョンアップのたびに費用が発生する
  • 導入までに時間がかかる

Check

パッケージによるEC構築については、こちらにも詳しいコラムがあります。
ECパッケージとは?最適なパッケージの選び方とおすすめ3選比較

「フルスクラッチ」は自由自在に設計できる

フルスクラッチとは、既存のシステムやソフトウェアをまったく使用せず、ゼロからECサイトを立ち上げる方法です。デザインから設計まで一切の制限がなく、自社に合わせたECサイトを構築することができます。高額な初期費用が必要になるものの、資金力や技術力があり、自分たちですべてを把握して柔軟に運用していきたい企業に適しています。

メリット
  • 自社が必要とする要件を満たしたECサイトを構築できる
  • 自社開発のため、仕様変更や障害に早く対応できる
  • マーケティング部門と連携して日々検証を行い、売上増を目指すことができる
デメリット
  • 開発時に多額の費用が発生する
  • 自社で開発し運営するため、高い技術力や専門知識が必要
  • ECサイト構築までに時間がかかる

ECサイト構築方法の選び方・3つのポイント

ECサイト構築方法について大きく4つの方法を見てきました。では、自社にとって、どの方法が適しているのか?選び方のポイントを紹介します。

選び方のポイント3種のイメージ

ポイント1:カスタマイズが必要かどうか

デザインや決済システム、その他さまざまな部分を、自社の事業内容に合わせて自由自在にカスタマイズする必要があるかどうか。自社ECサイトのカスタマイズの必要性について、事前に検討しておくことが重要です。ASPやオープンソースでは、テンプレートやいくつかの仕様から選択することで、スピーディーで費用を抑えた構築ができる一方で、カスタマイズはしにくいといった特徴があるからです。

ポイント2:費用はどのくらいかかるのか

ECサイトを構築する上での重要なポイントの1つが費用です。通常、ECサイトを構築するためには初期費用とランニングコスト(月額費用や機能アップデート)が発生します。一般的な相場については冒頭の表をご参照ください。実際にECサイトを構築する際の目安としていただけます。

ポイント3:耐用年数はどのくらいか

ECサイトは、立ち上げたら完成というわけではなく、システムが古くなれば更新しなければなりません。次の開発のための費用や時間、技術力を確保できるかどうかも、ECサイトの構築方法を選ぶ際には欠かせないポイントです。

優先事項をはっきりさせて構築方法を選ぼう

上記の3つのポイントで見てきたように、ECサイトを構築するには、それぞれの方式の違いを理解して優先事項を決める必要があります。費用を抑えて短期間で構築したいのか、カスタマイズの柔軟性を重視して自社の業務内容に合わせたいのか…自社の課題や目的を明確にして、最適な方法でECサイトを構築しましょう。

Check

ネットショップを開業する手順については、こちらもご覧ください
ネットショップの始め方 開業する手順やサイトの構築方法を解説

自社ECサイトの構築やリニューアルをご検討中の方にお役立ていただける無料eBookも提供しております。ぜひこちらからご確認ください。

自社ECサイト構築の教科書

以下の資料では4つの構築方法についてのさらに詳しい説明や、主要なECサービスについて紹介しています。ぜひご活用ください。

ECサービスの選び方と特徴を徹底解説 無料eBookダウンロード

関連記事