1. HOME
  2. コラム
  3. EC
  4. ささげ業務とは?ECサイトの売上に直結する業務の解説と外注のメリット・デメリット
EC EC運営 顧客満足

ささげ業務とは?ECサイトの売上に直結する業務の解説と外注のメリット・デメリット

ささげ業務とは?ECサイトの売上に直結する業務の解説と外注のメリット・デメリット

ECサイトを立ち上げて、これから商品情報を登録するというときに必要になるのが「ささげ業務」です。ささげ業務はECサイトの売上に直結する重要な仕事といわれていますが、具体的にはどんな業務を指すのでしょうか? この記事ではこれからECサイトを運営する人のために、ささげ業務の詳しい内容と、ささげ業務を外注するメリット・デメリットを解説します。


目次

ささげ業務とは?

ささげ業務とは、ECサイトで販売する商品の情報を準備する3つの業務「撮影」「採寸」「原稿」を指します。「ささげ」は、それぞれの頭文字を取った略語です。

ECサイトにおけるささげ業務は、商品の全体像やサイズ情報といった、顧客が購入の意思決定をするために必要な情報を正しく提供することが目的です

オンラインショッピングでは、顧客は商品を手に取って見ることができません。ですから、ECサイトに掲載された商品の情報が「買うか、買わないか」という顧客の判断に直結します。また、サイズやデザイン、素材などに関する詳細な情報の十分な提供は、顧客の問い合わせを減らし、返品やクレームを防ぐことにもつながります。

このように、ささげ業務はECサイトを効率よく運営して、売上を向上させるための重要な業務です。次章からは、ささげ業務の詳細をひとつずつ紹介していきます。

ささげ業務の「さ」撮影

1つ目の「さ」は、商品の写真撮影です

ECサイトの写真には、検索結果ページに表示されるサムネイル画像と、商品ページに掲載される商品紹介画像があり、それぞれに役割が異なります。

サムネイル画像では、競合商品が並ぶ検索結果ページの中で、自社の商品をより魅力的に見せることが必要です。一方、商品ページに掲載する写真は、顧客に商品の情報を詳細に伝えることが求められます。

撮影の方法は、その商品の「何を伝えたいか」によって変わります。例えば、アパレル商品の場合は、次のようになります。

商品のデザインやシルエットなどを主に見せたい場合

  • マネキンに着せる
  • ハンガーにつるす
  • 台の上に置く

コーディネートの仕方や着用イメージを伝えたい場合

  • モデルに着せる
  • ボトムスや小物などと一緒に並べて撮影する

実際には異なる演出で撮影した複数の写真を商品ページに掲載し、多様な角度から商品の全体像を伝える方法が一般的です。後ろ姿や袖口、裾、ポケットのデザイン、素材などの拡大画像を載せる場合もあります。

アパレル商品の写真では特に「色」を正しく伝える必要があります。そのために撮影した写真を加工し、できるだけ実物に近い色がECサイトで表示されるように調整することもあります。

ささげ業務の「さ」採寸

ささげ業務の2つ目の「さ」は商品の採寸です

例えばアパレル商品の場合、原産国やブランドによってSMLなどサイズ表記の基準が異なります。そのため、サイズ表記だけで商品を選ぶと、身体に合わないことがあります。また、自分の体形にぴったり合うかどうかを確認するには、サイズ表記に加えて肩幅や袖丈といった細かい寸法の情報も必要です。

そこで、商品のサイズを実際に測って商品ページに掲載します。仕入れ先から商品寸法が提供される場合もありますが、その情報が正しいとは限りません。サイズ違いによるクレームを避けるために、商品のサイズを必ず測ります。

採寸業務が必要なのはアパレル商品だけではありません。かばんやアクセサリー、インテリア、電化製品などにも詳しいサイズ情報が必要です。顧客が商品を実際に見ることができないECでは、きちんと採寸したサイズ情報の提供が欠かせないのです。

ささげ業務の「げ」原稿

ささげ業務の「げ」は商品の特徴を分かりやすく魅力的に伝えるための原稿作成です

商品がバッグであれば、どのくらいの量が入るのか、どのような素材か、ポケットや留め金にどのような工夫があるかといった、写真だけでは分かりにくい情報を文章で説明します。魅力的に伝えることは大切ですが、抽象的な言葉や過剰な表現は避け、商品を正しく簡潔に説明するように心掛けます。

そしてECサイトのアクセス数を増やすために、検索サイトで上位に表示されるようSEO対策を意識して、検索されやすいキーワードをタイトルや文章の中で使うことも重要です。

ささげ業務を外注するメリット

商品情報を一つひとつ整えていくささげ業務は手間がかかります。商品の数が多い場合や入れ替えが頻繁な場合には、作業負荷も大きくなります。作業自体はシンプルでも慣れるまでには時間がかかりますし、特に撮影には一定の技術が必要です。

社内に十分な人手がない場合には、ささげ業務の専門業者に委託するという方法があります。次に、ささげ業務を外注するメリットを挙げてみましょう。

人材や時間の負担が軽減できる

3つの業務を同時に進めるには時間と人手が必要です。特にECサイトの立ち上げ時には、試行錯誤も多いはず。ささげ業務に慣れたスタッフが社内にいない場合は、外注した方が効率的でスピーディーに仕上がります。

写真や原稿の品質を保てる

ささげ業務の経験のないスタッフが、写真や原稿の品質を一定にキープするのは難しいことです。ささげ業務専門の業者には、カメラマンやライターといった各分野の専門スタッフがいるため、写真や原稿の質を一定に保つことができます。

機材やソフトウェアをそろえる必要がない

内製の場合は、撮影用のカメラやライト、スタジオ、画像加工用のソフトウェアといった機材や設備を用意しなくてはなりません。しかし外注であればそれらは必要がないため、ECサイト立ち上げ時のイニシャルコストが抑えられます。

ささげ業務を外注するデメリット

外注のデメリットも知っておきましょう。

費用がかかる

外注するささげ業務の量が増えると、外注費の負担が重くなります。ランニングコストを抑えるには、撮影だけ、採寸だけというように外注する業務を絞る方法があります。月ごとの予算や、外注する商品数をあらかじめ決めておき、あふれた分のみ内製するという方法も考えられます。

自社に合う業者を見つける必要がある

ECサイトにおいて独自のブランドイメージを大事にしたい場合は、そのイメージに合った素材を用意できる業者を探す必要があります。スキルはあってもテイストが合わないと、商品写真や原稿に満足できない可能性があるからです。

自社ブランドに合うかどうかの目安となるのは、過去の実績の豊富さと対応力の柔軟さの2点です。実績の豊富さは、経験値の高さと、これまで信頼されるサービスを提供してきたことの裏付けになります。

ノウハウが社内に蓄積されない

外注をすると、ささげ業務ができる人材を社内で育てるチャンスを逃します。ささげ業務に習熟するには多少時間がかかりますが、内製のノウハウが蓄積されれば財産となります。予算や業務量に応じて作業を業者と分担し、経費を節約することもできます。

もしリソースに余裕があるなら、少しずつでも社内でささげ業務を行い、スキルを持つ人材の育成を考えましょう。

質の高いささげ業務を行って、ECサイトの売上アップに貢献しよう

ECサイトでは、良い商品を用意するだけでなく、その魅力をどのように顧客に伝えるかが重要となります。商品の魅力を的確に表現する写真やテキスト、正確なサイズ情報のいずれもが、ECサイトにとって必要不可欠なものです。ですから、それらを用意するささげ業務は売上に大きく関わる重要な仕事と言えます。ただし、ささげ業務は手間がかかるため、専門業者を活用した方がいいケースもあります。作業量とコストを見ながら、質の高い商品情報を顧客に伝えられるように、準備を整えましょう。

ECサイトの立ち上げを検討中の方へ。図書印刷では、ECサイトのプランニングから構築、開発、運用までをお手伝いします。どのような悩みでもまずは相談を。
お問い合わせはこちら

また、自社ECサイトを立ち上げるメリットを紹介するとともに、ECサイト構築を成功させるための具体的なポイント・ノウハウをわかりやすく解説したeBookもご用意しています。

↓↓こちらからダウンロードください↓↓

自社ECサイト構築の教科書 無料eBook

参考:

関連記事