特集

TOPIC

「自然も、人も、すこやかに生きる」社会の実現を目指し、ブランドの価値を広めたい
~キシル様の事例~【後編】

project08_2

EC

 

2023.12.11


実践!リーダーが語る「プロジェクト成功への近道」(8)
キシル様 導入事例【後編】

図書印刷が広告運用をご支援させていただいている株式会社キシル様は、今年で創業21年目。後編では、会社設立にあたっての社長の熱い思いと、当社の具体的なサポート内容についての担当者の声をご紹介します。
(全2回の後編。前編はこちら。)

国産材で家具を作るという壮大なミッション

学生のころは土日に家具屋に入り浸るほど家具が好きだったという渥美社長。しかし、大学卒業後は、家具業界ではなく、幅広い業界の企業と関われるIT業界に就職します。時代はインターネット黎明期。通販業界を担当し、インターネットを通じた販売の可能性を感じたと言います。
その後、独立し自分が好きな家具で勝負すべく学習机専門店を創業。そんな時、日本の森の現状を知ります。国産材が余って土砂崩れや花粉症などの問題を引き起こしている。ならば、国産ひのきで家具を作って販売し、日本の森や環境を守るという壮大なミッションを自らのライフワークとすることを決意しました。

xyl05.jpg
株式会社キシル
南工場

「国産ひのきで家具を作るというのは、木に関して素人だった私にとって想像以上に難しいチャレンジでした。輸入材と同じ方法ではできない工程も多く、切り方も穴の開け方も手間と工夫が必要です。木材の調達も、まずは山主さんの集まりに参加して、思いのたけをプレゼンさせてもらうところから始めました。結局、丸太を山主から直接仕入れ、製材、生産、加工まで自社工場で行う体制を整えることができるようになったのは、創業から12年たった頃のことです。本当に大変だけれど、自分のライフワークとして、ふさわしいと思っています。」
(渥美社長談)

「私たちも、キシル様のご支援を通じて、社会貢献につながるお仕事に関わらせていただけるのが非常に嬉しいことです。」と太田は話します。

xyl06.jpg
太田倫子
図書印刷株式会社
マーケティングソリューション営業本部

高速のPDCAサイクルで効果を最大化

最初のご支援は、素材サンプルプレゼントの広告運用です。家具と同じ素材のコースターを配布し、ブランドの良さを体感していただいて家具の購入につなげたいというアイディアをすでに高崎様がお持ちでした。

「本当にキシル様の家具に興味を持っていただき、購入に繋げる可能性を高めるために、“サンプルだけをもらって終わり”という人が集まることを防ぐ必要がありました。そこで、まずはブランドの世界観を表現したランディングページを用意し、そのランディングページを見た人たちに対してリマーケティング広告で素材見本を訴求することをご提案しました。現在、素材見本は予想を上回る数で請求していただいています。今後は素材見本が購入につながっているのかも検証していきたいと考えております。」
(小倉談)

ご支援にあたり、子どもを持つ社内のスタッフにインタビューしてターゲット層がどうやって家具を探すのかをシミュレーションしたり、キシル様の直営店に足を運んで、店長さんに来店するお客様のニーズや接客のときにどんなお話をされているのかを伺ったりしました。

xyl07.jpg
塚田航太
図書印刷株式会社
マーケティングソリューション営業本部

実際に広告の運用を担当する塚田は「意識しているのはなるべく打ち手を多く持つことです。日々成績を注視し、チームメンバーで話し合って、高速でPDCAを回しています。クリエイティブを複数パターン用意して入れ替えるなど、様々な施策を試しています。」と語ります。

「オーガニックという新たなメッセージを打ち出すにあたって、市場がどういった反応をするのかをテストしたくて、その点を細かくご相談させていただきました。定期的にミーティングを行っていますが、毎回、広告の結果を丁寧に共有して説明していただいています。その結果をもとに、次はこうしていきましょう、ああしていきましょうと提案していただけるので、まだまだ打ち手があるんだという安心感があります。」(高崎様談)

「体験」を向上させてブランドの価値を届けたい

キシル様はEC店舗だけではなく、全国6店舗の直営店も運営。さらには「atara(アタラ)」というブランドで、ランドセル市場にも参入しています。Instagramのライブ配信には高崎様も登場されていて、自社で取り組まれているプロモーション施策も非常に多いことに驚かされます。

「ブランドの温度感など、自分たちで伝えたほうが良い部分と、外部の手を借りた方が良い部分があると考えています。今回、図書印刷との仕事を通じて、上手に切り分けながら、専門的な分野におけるテクニカルな部分は手を借りることで、手ごたえを感じました。心強い仲間ができて嬉しいです。」と渥美社長より嬉しいお言葉をいただきました。

今回は、森林の問題解決の一助になると同時に、低ケミカルな製法で人々の健康にも優しい国産ひのき家具を作り続けるキシル様にお話を伺いました。家具に続いて、ランドセルブランド「atara」の販売戦略についても、ご相談をいただいています。

「自然も、人も、すこやかに生きる」社会の実現を目指し、今後もオンライン・オフライン横断的にお客さまの「体験」を向上させ、よりブランドとしての価値を届けるお手伝いをしたいと考えています。
キシル様、ありがとうございました。

>図書印刷のサポート内容にご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。 


図書印刷のデジタルマーケティング支援サービス

図書印刷では、WebサイトやEC事業の構築・リニューアルも含めた幅広いデジタルマーケティング支援サービスを提供しています。お客様の課題や外部環境を踏まえた上で、企業(またはブランド)の強み・特長を、データに基づいて洞察、咀嚼/翻訳し、課題解決へ向けた戦略プランの設計から運用までをお手伝いしております。

自社ECサイト構築にご興味のある方向けに、無料eBookもご用意しております。ぜひ以下のリンクをクリックしてご確認ください。

【無料eBook】自社ECサイト構築の教科書-成功のための5つのポイント-

ec_launch_800x142.jpg 

「図書印刷が描くDX時代のマーケティング透視図」のページでは、当社の「デジタルマーケティング支援サービス」の導入企業のご担当者様や、デジタルマーケティング界の識者の方々へのインタビューを通じて得られた「生の声」を掲載。ぜひお客様のマーケティング活動にお役立てください。

図書印刷が描くDX時代のマーケティング透視図

bn_digima_interview_800x132.jpg

  • メールマガジン申し込みへ
  • お役立ち資料ダウンロードページ
  • Webマーケティングに役立つオリジナルコラム まとめリンク集
  • bn_column_r_interview